×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自費出版の相場

自費出版の費用と相場


一般的に出版業界では1冊の本にかけられる制作費の相場はその本の定価×部数の30%と言われています。これは、これから自費出版で利益を得たいと考えている方に聞いてほしい話なのですが、たとえば定価1,500円の本を4,000部作りたいと考えたとします。
この場合600万円の30%ですから180万円が制作費用ということになります。

書籍制作費用の相場は…

本の定価 × 部数 × 0.3 = 制作費用

この180万円で出版社は、著者への原稿料や編集、校正、装丁のほか組版、印刷、用紙、製本など書籍制作にかかるさまざまな費用をまかなわなければなりません。

そのためには、この本は総頁を何頁以内にしなければならないとか、写真頁はカラーでなくモノクロにしようとか、上製本は予算的に無理だから並製本にしようとか決まってきます。


ここで例にした180万円という制作費用は実際の企画出版では一般的なものですが、自費出版の場合にはどうでしょうか?

定価1,500円の本を4,000部つくることや定価6,000円の本を1,000部販売することは、相当に高い壁です。
この壁の高さは、出版や本の制作をよく知る人が自費出版を考えてもすぐ挫折してしまったり、知識不足のなかで出版をして金銭トラブルにみまわれる理由の一つです。

「予算に応じて本をお作りします。」という宣伝文を目にしたことはありませんか?
本をつくる目的と方法はさまざまです。知識さえあれば予算をかけただけの結果を得ることができます。また予算がなければ、ないでそれなりの本づくりの方法もさまざまにあります。

更新:2014年3月27日