×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

書店に本が並ばない! 自費出版のトラブル

自費出版 契約時のポイント


書店に自分の本が並ぶことは自費出版の大きな喜びの一つです。

自費出版社は「全国の書店にあなたの本が並びます。」などの宣伝文句で自費出版を募るのですが、実際には「ごく一部の書店に短期間しか並ばなかった、近所の書店に置いていなかった」などトラブルになるケースも少なくありません。

現在、日本で1年間に出版される新刊本は約8万点です。その中には有名作家のものや直木賞・芥川賞をはじめとする各種の出版賞を受賞した作品も数多く含まれます。
そんな中、書店の限られた陳列スペースにどんな本を仕入れて平積み、棚差しして、売上げを上げるかはそれぞれの書店の仕入れ担当者の腕のみせどころです。

出版社は新刊本を取次店に持ち込んで販売委託部数を交渉しますが、その先どの書店に何冊配本するかなどは取次店の業務の範疇です。
そして取次店から送られてくる新刊書から何を書棚に陳列するかは書店の業務範疇なのです。
取次店から送られてくる本の中には荷解きもされないまま返本されるものもあります。

書店に本を並べるのは…

どの書店に何冊配本するかは取次店の業務範疇です。
取次店から送られてくる新刊書から何を書棚に陳列するかは書店の業務範疇です。

一部の出版社では大型書店に専用の棚をもっていて契約のあった自費出版本を一定期間その棚に陳列するなどのサービスを行っているところもあるようです。
また、出版社の中には書店経営もおこなっているところもありますが、それでも自費出版本を長期間陳列するということは簡単ではありません。

全国には約2万店の書店があります。自費出版本の制作部数は多くても数百部から1,000部程度で、そのうち配本委託できる部数はほんのわずかです。

書店の店頭に並べることについては、並ぶこともある、くらいに考えておくべきです。
そしてどうしても特定の書店に置きたい場合には自分で本をもって行って直接仕入れ担当者と交渉するくらいの行動力が必要なのです。

[ 2013年6月19日:更新 ]






ピックアップサイト

  • 自費出版の窓
    book28
    出版印刷の費用とやりくりサイト
  • 著作権の窓
    著作権の窓
    出版・Web制作に役立つ著作権に関する情報サイト