×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

執筆代行(ゴーストライター)による原稿作成の費用と相場

自費出版の費用と相場


アイデアや伝えたいことはあるけど、文章に出来ない場合の費用

原稿作成費用とは原稿の執筆やリライトを専門にしているライターなどに相応の料金を支払って自分の考えを本としてまとめてもらうための費用です。同じ内容であっても、文章によって本の印象はまったく違ってきます。

本の装丁や造本に見合った文章であることは市販本の場合欠かせない要件です。費用はそれなりにかかりますが、アイデアや伝えたいことはあるが、文章に出来ないという場合には必要な費用です。

原稿作成の方法としては、著者に取材して、その内容をもとに原稿を作成する方法と、著者が録音した内容をもとに作成するいわゆるテープ起こしの方法との2種類があります。

ゴーストライターの費用の相場

原稿作成費用の相場は本の内容や取材・録音時間などによって多様ですが、目安としては著者取材の場合は一般書で100頁につき30万円〜40万円、テープ起こしによる原稿作成は録音1時間ごとに15万円〜20万円などとする場合と、定価の5%などとする場合とがあります。

ちなみに著者の受け取る印税は定価の10%なので、その半分を原稿執筆代行者に支払うことになります。ただし、このケースは著者が有名人でその名前だけで本が売れる場合に限ったことで、自費出版など一般の著者にはあてはまりません。

更新:2014年2月12日