×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自費出版に役立つ用語集

自費出版 契約時のポイント


一丁切替えとは

一丁切替えとは製本後に誤りのあるページをノドから数ミリのところで切り離し、訂正されたページをその数ミリに糊付けして仕上げる製本処理のことです。

一丁切替えは新刊本などで製本後に誤りを発見した場合にとられる対応のひとつです。正誤表やシールなどに比べて高額ですが、仕上がりはきれいでよほど強くページを開かない限り修正のあとは分かりません。

[ 2013年6月23日:更新 ]






ピックアップサイト

  • 自費出版の窓
    book28
    出版印刷の費用とやりくりサイト
  • 著作権の窓
    著作権の窓
    出版・Web制作に役立つ著作権に関する情報サイト