×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自費出版に役立つ用語集

自費出版 契約時のポイント


四六判とは

四六判とは、四六判の原紙(788×1091mm)を32分割してできる判型で、天地=188ミリ、左右128ミリの仕上りサイズを指すことが多いが、左右の寸法に決まりはなく、通常127〜131ミリの範囲で出版社ごとに自由に決めている。

1枚の原紙から32ページとれるA5判にくらべて64ページをとることのできる四六判はコストパフォーマンスが高く人文系の書籍作成などによく使用される。
B6判も1枚の原紙から64ページをとることができるが、天地が182ミリのB6判よりも188ミリの四六判はレイアウトの幅も広く人気が高い。

[ 2013年6月23日:更新 ]






ピックアップサイト

  • 自費出版の窓
    book28
    出版印刷の費用とやりくりサイト
  • 著作権の窓
    著作権の窓
    出版・Web制作に役立つ著作権に関する情報サイト